ここから本文です

「シュバインシュタイガーは代表引退すべき」 元代表キャプテンが厳しすぎる忠告

theWORLD(ザ・ワールド) 7/10(日) 20:30配信

キャリアを傷つける可能性あり

元ドイツ代表MFでキャプテンも務めていたミヒャエル・バラック氏は今こそ現代表キャプテンの引き際だと考えているようだ。

今大会、怪我を抱えながらもメンバー入りし、キャプテンとしてチームを支えなければならなかったバスティアン・シュバインシュタイガー。パフォーマンスが決定的に悪かったわけではないが、準々決勝のイタリア戦ではPKを失敗し、準決勝のフランス戦では決勝点となるPKを献上している。この働きを見て、バラック氏はシュバインシュタイガーが今こそ代表引退をすべきと独『EXPRESS』で話している。

「もしシュバイニーが2年後のワールドカップもプレイしたいと言うなら、次のステップについて注意深く考えろとアドバイスするね。私は今こそ彼が代表を離れるときだと思っている。そうすれば、彼は(2年前の)ワールドカップのヒーローとして記憶されるだろう」

次のワールドカップに出場すると、シュバインシュタイガーの代表キャリアに傷がつく可能性があると考えているバラック氏。まだ31歳と選手としては十分なパフォーマンスが期待できる年齢だが、シュバインシュタイガーはどのような決断を下すことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/10(日) 20:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報