ここから本文です

フランスを挑発するポルトガルMF「彼らはホスト国なのに美しくないサッカーをしている」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月10日(日)23時10分配信

いよいよ頂点の座へ

すでに挑発は始まっている。10日に行われるユーロ2016決勝戦を前に、ポルトガル代表MFジョアン・マリオが対戦相手のホスト国フランスを口撃した。

長きにわたる戦いもとうとうフィナーレを迎える。ポルトガル対フランスの一戦は、多くのメディアによって“クリスティアーノ・ロナウドvsアントワーヌ・グリーズマン”という構図を描かれることが多いが、ジョアン・マリオも大一番の盛り上げ方をわきまえている。同選手は試合前の記者会見において、フランスが繰り広げるサッカーに物申した。『Belfast Telegraph』が伝えている。

「フランスはホスト国という立場で今大会に臨んでいるけど、やっているサッカーは美しいものではない。世間はフランスがポルトガルを倒すと思っている。僕らの国が、フランスにいつも負けてきたというのも分かってるけど、そのことはモチベーションとなるんだ。フランスメディアはすでに優勝を成し遂げたかのような気分でいるね。でもまだ何も始まっていないし、決まってもいない。すべてのポルトガル国民は僕らの勝利に賭けているよ。個人的にはポルトガルが優勝を果たすと常に主張してきた。決勝戦まで来たし、この場所まで来ればどんなチームでも勝利を収めることができるよ」

泣いても笑っても、No.1の勝者が決まる。それがポルトガルなのか、それともフランスなのか、現時点においてそれを知っているのはサッカーの神様だけだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月10日(日)23時10分

theWORLD(ザ・ワールド)