ここから本文です

広島5年目戸田が140球熱投でプロ初完封、大量援護の打線に感謝「最高です!」

Full-Count 7月10日(日)21時42分配信

味方打線が2回までに8点奪取、「流れに乗れた」

 広島の高卒5年目左腕・戸田隆矢が10日の敵地・阪神戦でプロ初完投初完封勝利を挙げ、4勝目を手にした。140球の熱投で、8安打6奪三振。9回は2死満塁のピンチを招いたが、最後は西岡を中飛に打ち取った。味方の大量援護を受けて最後まで投げ切った23歳は「最高です!」と声を弾ませた。

 打線が2回までに8点を奪うなど15安打で9得点。9-0で阪神に圧勝し、3連勝で貯金を今季最多の「19」とした。試合後のヒーローインタビューで左腕は「野手の方が初回に点を取ってくれて流れに乗れたんで良かったです」と打線に感謝。「ストライク先行でいけたところがよかった」と振り返った。

 今季ここまで無傷の4勝。「1試合だけで終わらずもっともっと完投、完封できるようにがんばっていきたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月10日(日)21時42分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。