ここから本文です

名誉船長に黒田さんら 帆船日本丸

カナロコ by 神奈川新聞 7月10日(日)11時0分配信

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区で保存・公開されている帆船日本丸の名誉船長に、オセアン大洋ホールディングス(横浜市戸塚区)の黒田憲一社長ら3人が新たに就任した。管理する帆船日本丸記念財団(同市西区)の金近忠彦会長がこのほど、黒田さんらに感謝状を贈った。

 名誉船長とは、日本丸の維持のために寄付をした個人や企業が就任し、船内の銘板に名前が刻まれる。今回、他に就任したのは大西典一さんと筒井哲さん。これで個人86人、企業46社になった。

 黒田さんは、ビルや注文住宅の請負や戸建て分譲などを手掛ける総合建設業「大洋建設」を核としたグループ企業を営んでいる。市内企業の新入社員を対象に日本丸のマストを上るなど研修を続けている市工業会連合会の副会長も務めており、「日本丸とさまざまなご縁がつながった。将来の保存に向けて一緒に取り組みたい」と話した。

最終更新:7月10日(日)15時0分

カナロコ by 神奈川新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。