ここから本文です

バトン「ウイングが外れた。Q1落ちが覆らなかったことよりトラブルの方が問題」:マクラーレン・ホンダ イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)15時52分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは17位だった。

2016年第10戦イギリスGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ジェンソン・バトン 予選= 17位
 今週末はここまで運に恵まれていない。Q1の最初のフライングラップでリヤウイングのエンドプレートのひとつがフロアから外れ、その後、マシンのリヤエンドの状態が徐々に悪くなっていった。
 
 高速コーナーが連続するパートがスタートするターン8でこの問題が起こった。ここはダウンフォースを必要とする場所だ。それを考えると、自分があのラップタイムを記録できたことに驚いている。

 2回目のランに向けて直そうとしたが、残念ながら時間切れとなった。

 でも笑顔を失ってはいない。これが現実と受け止めているんだ。この状況に対処し、より強くなることができる。決勝で雨や何か予想外のことが起こることを期待している。入賞は諦めていない。


(ケビン・マグヌッセンのタイムが抹消される可能性があると考えてピットに駆け戻ったが、結局Q1敗退は覆らなかったことについて語り)僕らは混乱していたわけじゃない。情報を待っていただけだ。

 僕は見ていないけど、ケビンはおそらくコースから外れたのだろう。そのラップが取り消されると、僕らは考えた。

 Q2スタート前に彼ら(スチュワード)が行動することができなかったのは残念だ。Q2が始まった時点でゲームオーバーだったからね。

 不運にも17番手になってしまった。Q1が終わる前にケビンに対する決定がなされなかったことも不運だった。

 がっかりしている。でも何より問題なのは、リヤウイングがぐらぐらしていたことだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)15時52分

オートスポーツweb