ここから本文です

ハミルトン「タイムを抹消され途方もないプレッシャーがかかった。でも、それが楽しいんだ」:メルセデス イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)8時50分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンはポールポジションを獲得した。

2016年第10戦イギリスGP トラブルでFP2を走れなかったニコ・ロズベルグ(メルセデス)

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=1位
 完全に順調な予選だったわけじゃない。常にペースはあったけれど、Q3の最初のラップで少しワイドになってしまい、そのタイムが取り消された。縁石に触れたら外に出てしまったんだ。マシンの底を打って白線の外側にはじかれてしまうまでは、そこまで大きくはみ出してしまうとは思わなかった。
 
 最後のラップにはプレッシャーがかかった。ガレージで座っている時、「絶対みんなをがっかりさせちゃいけない」と思った。

 2回目のアタックラップは(1回目ほど)いい感じはしなかった。そのラップは取り消されないよう、慎重に行ったんだ。なんとかうまくやることができてありがたく思っている。今週末こういうパフォーマンスが発揮できるように懸命に努力してくれているチームにも感謝している。ファンの存在も大きなモチベーションを与えてくれているよ。

 明日もいつもどおり厳しいレースになるだろう。今夜と明日、しっかり分析をして、タイヤや戦略の面でうまくやれるよう準備することが重要だ。でも昨日のロングランペースは強力だったから、レースに向けて自分の思いどおりのマシンバランスにすることができたと感じる。明日またファンのみんなに会うのが待ちきれないよ。

(Formula1.comのインタビューにおいて、Q3のタイム抹消について聞かれ)想像できるなかで最大のプレッシャーがかかった。でも、それを楽しんだよ。これまで人生において、いろいろな状況のなかでプレッシャーの下に置かれてきた。誰もがそうだ。僕はそういう状況でもリラックスしている。誰かと議論したりといった種類のプレッシャーじゃない。そういう対立は好きじゃないから、いい気持ちはしないけどね。クルマに乗っている時は、自信を持って、自分の能力を信じて走らなければならないんだ。

 通常僕は、最初にバンカーラップを走って、次のラップでもう少し速いタイムを出すために、もっとプッシュする。僕は全般的により困難なやり方で物事に取り組むんだ。どうしてかわからないけど、これまでそうやって生きてきた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)11時47分

オートスポーツweb