ここから本文です

ロズベルグ「ルイスとは接触を避けながら今後も戦っていく」:メルセデス イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)9時23分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、メルセデスのニコ・ロズベルグは2位だった。

2016年第10戦イギリスGP予選 ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが握手(メルセデス)

■メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ロズベルグ 予選=2位
 チームは僕らに信じられないほど素晴らしいマシンを用意してくれた。今日は走っていて大きな喜びを感じた。特に高速コーナーでは最高だったよ。

 ぴったり思いどおりに走ってくれるマシンで、ドライバーにとっては理想的だ。チームの皆に心から感謝する。

 今日は僕の日ではなかった。すごい仕事をしたルイス(・ハミルトン)におめでとうと言いたい。

 でも肝心なのは明日だ。まだあらゆる可能性が残されている。ルイスと僕は素晴らしいバトルをすることになるだろう。スタートにチャンスがあるし、タイヤのデグラデーションが戦略にどう影響するかも興味深い。

 最近僕はスタートをうまく決めているから、明日も楽しみだよ。もちろん優勝目指して攻めていく。


(FIA記者会見において、金曜のトラブルが予選に影響したかと聞かれ)それは全くない。
(前戦の接触の後、アプローチは変わるかという問いに対し)今後もコース上で戦う。戦い方がほんの少しだけ修正されるけど、それだけの話だ。

 僕らは接触したいと思っているわけじゃない。故意に接触しようと思うわけがない。僕らは戦いつつ、接触を避けていく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)9時23分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。