ここから本文です

リカルド「今年初めてチームメイトに負けて、むかついてる」:レッドブル イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)11時6分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは4位だった。

2016年第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、予選3位の喜びを表す

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=4位
 グリッド2列目を独占したというのは、チームにとって間違いなく重要な結果だ。それを目標として、しっかり達成したのだから、明日に向けて好調だと思う。2台そろってフェラーリより前の位置を確保できたのは素晴らしいことだよ。
 
 彼らとは激しい戦いになると予想していた。少なくとも予選に関しては勝つことができた。明日の決勝でも勝てるよう努力していく。

 もちろん4位より3位になりたかった。でも今日はこういう結果になった。明日もっといい結果を目指し、できるだけいい仕事をする。

 気温が下がるみたいだし、何が起こるか予想できない。でも自分たちの位置に関しては自信を持っている。

 メルセデス2台がトップ争いをするのは間違いないだろうけど、その後ろの戦いは激しいものになるはずだ。必ずやフェラーリは僕らにチャレンジしてくる。だから3位争いの行方は予測がつかない。明日は面白いレースになるはずだよ。

(Crash.netから、初めてマックス・フェルスタッペンに予選で敗れて動揺しているかと聞かれ)もちろんだ。予選に関して完璧なシーズンを送りたいと思っていた。だから(負けたことに)少し、むかついてる。でも仕方ない。

(ラップのどこで負けたのだと思うかという問いに対して)ほとんどが最終シケインだ。あそこに関しては彼のほうが少し速かったと思う。
 高速部分に関してはすごくよかった。高速コーナーはすごく楽しい。でも低速コーナーでは少しイライラさせられる。

 マックスは最初から速かった。この2、3戦、彼はいくつかのスティントでレースペースがよくなってきていた。
 立場逆転だ。今日は彼の方が速かった。でも明日は僕の方が速く走れるよう願う。可能だと思うよ。昨日のロングランはすごく良くて満足していた。それに関しては進歩していると思う。

 明日は戦いになるよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)11時46分

オートスポーツweb