ここから本文です

グロージャン「予選にいくつか課題あり。決勝で力発揮したい」:ハースF1 イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)14時2分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、ハースF1のロマン・グロージャンは13位、エステバン・グティエレスは14位だった。

F1最新フォトコーナー

■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 予選=13位
 予選トップ10に手が届かないようなときもある。僕らはいつもレースでの方が力を発揮できるんだ。予選に関してはまだいくつか欠けている部分があって、それは改善していけるけれど、少し時間がかかる。

 フロントフラップに少し調整を加えたが、やりすぎだったのかもしれない。今日はコンディションも難しく、終盤は風も強くなってきた。それでターン15(ストウ)の進入で態勢が大きく乱れてしまった。風向きによって、マシンバランスがだいぶ変わる。それがなければQ3進出も可能だったかもしれない。

 13位は明日のレースをスタートする上で最悪のポジションというわけじゃない。ロングランのペースがよければ、それが助けになるだろう。

エステバン・グティエレス 予選=14位
 Q1はかなり好調だった。序盤はタイヤに悩まされたものの、そのうちうまくいくようになった。

 Q2では最初のスティントで渋滞にはまり、理想的な走りはできなかった。2回目のスティントでは風が強くなったことが影響し、マシンの力を最大限に発揮させられなかったんだ。それでも攻め続けて、全力を尽くしたよ。

 僕らは状況を楽観的に見ている。チームとしては良い仕事ができたから、明日は素晴らしいレースになるだろうと確信している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)14時2分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]