ここから本文です

ハリアント「ザウバーには勝てたがルノーに届かず」:マノー イギリス土曜

オートスポーツweb 7月10日(日)14時38分配信

 2016年F1イギリスGPの土曜予選で、マノーのパスカル・ウェーレインは20位、リオ・ハリアントは19位だった。

F1最新フォトコーナー

■マノー・レーシングMRT
パスカル・ウェーレイン 予選=20位
 当然ながらがっかりしているけれど、驚いてはいない。このコースではかなり苦労させられると分かっていたんだ。今回もタイヤの温度に悩まされ、解決するためにさまざまなセッティングをたくさん試してみた。一歩ずつでも前に進むことを望んでいたけれど、残念ながら解決策を見だすことができなかった。
 
 ドライコンディションでは、オーストリアでのような走りのできるマシンにはならないだろうことを心配している。ロングランペースの方が少しはいいけどね。天候は予測のしづらいものになりそうだ。

 もちろん、僕らが有利になるような形で天候が荒れることを願っている。僕らはそういう状況を最大限に生かせるということは先週末に証明済みだ。

 いつもどおりレースが楽しみだよ。チームのホームレースということもあるし、ファンのためにベストを尽くす。とはいえ厳しい一日になるだろうね。

リオ・ハリアント 予選=19位
 今日のパフォーマンスにはかなり満足だよ。このコースで僕らが苦労するだろうことは分かっていたけれど、僕自身は強力で安定感のあるラップを走れた。

 ザウバーに勝つことができたが、ルノーには望んでいたほど近づけなかった。ロングランペースの方が良いので、明日のレースではもう少し強さを発揮できることを願っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)14時39分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]