ここから本文です

エリクソン、イギリスGPへの出走にゴーサイン。ステアリング脱落は問題なし

オートスポーツweb 7月10日(日)17時40分配信

 F1イギリスGP土曜のフリー走行3回目で、大クラッシュを喫したザウバーのマーカス・エリクソン。クラッシュの衝撃でメディカルランプが点灯したため、エリクソンはメディカルセンターでチェックを受けたあと、救急車でオックスフォードの総合病院に運ばれて精密検査を受けた。検査の結果すべて正常だったため、土曜の午後6時にはサーキットに戻っていた。

 エリクソンと話をしたチーム関係者によれば「マーカスは『おそらく衝撃は50Gぐらいあったのではないか』と話していた」という。

 なお、タイヤバリアにクラッシュした際、エリクソンが握っていたステアリングが外れてしまったのは「タイヤバリアに跳ね返されたとき、太ももがステアリングの裏にあるリリースを押してしまったから」(エリクソン)だという。

 チーム関係者によれば、クラッシュの原因は「15コーナー出口でコースをはみだした際、乗った芝生が午前中に降った雨で乗れていて滑ったためで、マシンに問題があったわけではない」と見ている。

 そして決勝日の朝、エリクソンはサーキットのメディカルセンターで再チェックを受け、イギリスGPへの出走は問題なしと判断された。

 予選に出場できなかったものの、すでにエリクソンがフリー走行で記録していたタイムから決勝レースへの出場は認められており、暫定スターティンググリッドでは、最後尾の22番手に位置している。しかし、事故に遭ったモノコックには見えない亀裂が入っている可能性もあることから、チームはスペアのシャシーに交換、土曜のうちに準備を終えている。シャシーを交換しているため、ピットレーンからスタートすることになる見込みだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月10日(日)17時40分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。