ここから本文です

『時かけ』菊池風磨&竹内涼真にキュン死の声続出! 新しい“時かけ”に期待の声も

クランクイン! 7/10(日) 8:30配信

 小説家・筒井康隆作の小説が原作のドラマ『時をかける少女』(日本テレビ系)が9日にいよいよスタートした。主題歌「LOVE TRIP」を歌うAKB48の指原莉乃、渡辺麻友らもそろってスタートをアピールしていたこのドラマ。ネット上では歴代数ある『時かけ』との比較や、出演のSexy Zone菊池風磨、竹内涼真らに対する思いなど様々なコメントが上がっている。

【関連】ドラマ『時をかける少女』完成披露試写会<フォトギャラリー>


 写真好きで、夢が見つけられず悩む一人の女子高生・芳山未羽(黒島結菜)と、幼なじみの浅倉吾朗(竹内)、同級生の深町翔平(菊池)は、平凡な高校生活を送っていたが、ある日の放課後、理科室の掃除をしていた未羽は、何かが割れる音に導かれて、覗いた準備室にて割れた試験管から漂う甘い匂いを嗅いだことで気を失ってしまう。

 目覚めた未羽は、時間を行き来する能力・タイムリープを身に着けたことを知る。そんな中、夏祭りの夜に吾朗から告白を受けた未羽は、素直にその気持ちを受け止めることができず、何度もタイムリープに逃げ込んでしまい、二人の間に翔平をおくことでそのわだかまりから逃避してしまう。

 一方の翔平は、未来人ゾーイ(吉本実憂)とともに未羽がタイムリープを身に着けたことをひそかに察知、巧みに未羽の記憶をすり替えながら、何かのタイミングを見計らっているそぶりを見せるところで、次回その謎が明らかになる期待を匂わせながら、第一話は幕を閉じる。

 この放送には「切なさ具合はかなり高くなりそうな予感」「めっちゃ青春って感じがした…!ドラマ見てると、制服着る学生をやり直したくなります」「また新しい時をかける少女が生まれたね。続きが楽しみ!」と次回以降に大きな期待を寄せる声が多く上がっている。

 一方で「ふうまくん役者としてはいい表情するしナチュラルな演技だしいい役者じゃない?」「あかんぞこれは。時をかける少女見たら風磨くん好きになりそうやわ…」「ごろーちゃんの告白シーンめっちゃきゅんきゅんしたなあ」「吾郎ちゃんだけが切なすぎやん」と菊池、竹内の演技にキュンキュンしたという声も数多く寄せられている。

最終更新:7/10(日) 8:30

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]