ここから本文です

ウエディング姿を楽しんで 10月・黒部でシニアファッションショー 

北日本新聞 7月10日(日)21時33分配信

■ブライダルなど3部門新設

 シニア世代によるファッションショー「華(はな)・花(はな)・英(はな)」が10月1日、黒部市のホテルアクア黒部で開かれる。第5回となり「ブライダル」「お国柄」「三世代」の3部門を新設。主催する黒部まちづくり協議会の人生百年型まちづくりプロジェクト(中谷靖子リーダー)はこれまで以上に華やかにしようと意気込む。

 シニア世代が人前に出る機会をつくって各自や地域の活力につなげようと、2012年にスタート。昨年は米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルも取材に訪れた。同世代の生き生きとした姿を見た来場者からも「元気をもらえた」などの感想が多く寄せられている。

 ブライダルの部は、若いころ着られなかったウエディングドレスやカラードレスなどを身に着け、非日常の時間を楽しんでもらおうと設けた。5月末に出演者の募集を始め、既に定員に達した。

 お国柄の部は、海外生活を経験した人が市内に多いことから企画し、外国の民族衣装をまとって登場する。三世代の部は、子や孫とのコーディネートを楽しむ。昨年に続き、思い出の服や趣味の服などを着る「マイファッションの部」もある。

 プロジェクトのメンバーは1月から定期的に集まり、準備を進めてきた。今回は県の「NPO未来創生県民協働事業」に採択され、補助を受ける。中谷リーダーは「みんなを元気にするための催し。より一層盛り上がるようにしたい」と話している。

 出演者は市内外の65歳以上が対象で、4部門合わせて50人程度を予定。マイファッション、三世代の各部は7月末まで受け付ける。出演、観覧のいずれもチケット(食事付きで3千円)が必要になる。

 問い合わせは黒部まちづくり協議会、電話0765(56)9687。

北日本新聞社

最終更新:7月10日(日)21時33分

北日本新聞