ここから本文です

18歳か24歳か…疑惑浮上のR・サンチェス、母国紙が出生記録を公開

SOCCER KING 7月10日(日)7時18分配信

 年齢詐称疑惑が浮上していたバイエルンに所属するポルトガル代表MFレナト・サンチェスだが、同国紙『Diario de Noticias』によって現在18歳であることが確認された。

 ベンフィカの下部組織出身のR・サンチェスは今夏、ボーナス次第で最高8000万ユーロ(約89億円)にもなる破格の移籍金でバイエルンに移籍した。また、ポルトガル代表メンバーにも名を連ね、ユーロ2016では準決勝終了時点で6試合中5試合に出場。初戦のアイスランド戦で途中出場し、18歳301日でユーロデビューを飾って、ポルトガル代表の主要国際大会最年少出場記録を更新した。その後も、2試合でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出される活躍でチームの決勝進出に貢献している。

 同選手には、かつてオセールやランスなどで指揮を執ったフランス人指導者のギー・ルー氏が「彼は(実際は)23歳か24歳だ。確信をもって言えるよ」とコメントしたことから、年齢詐称疑惑が浮上していた。

 しかし8日付けの『Diario de Noticias』紙がR・サンチェスの出生記録を公開。母親が出産のために入院した病院から得たという記録により、同選手が「1997年8月18日の15時25分」に誕生し、その時の体重は「2560グラム」だったことが明かされている。

 R・サンチェスの年齢については以前も、スポルティング・リスボンから疑惑について言及されたことがあった。当時はベンフィカが裁判所へ訴える構えを見せたことで追及されることはなかったが、今回は出生記録によって同選手の年齢が証明された。

 なお、同紙はR・サンチェスが年齢詐称疑惑の発端となった発言をしたルー氏を訴える意向だと伝えている。

SOCCER KING

最終更新:7月10日(日)7時21分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。