ここから本文です

Bチームで20戦25発…レアル期待の22歳FWがプレシーズン帯同へ

SOCCER KING 7月10日(日)17時31分配信

 レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)に所属するドミニカ共和国代表FWマリアーノが、トップチームのプレシーズンツアーに帯同する見通しとなった。スペイン紙『マルカ』が9日に報じている。

 マリアーノは1993年生まれの22歳。2012年にレアル・マドリードの下部組織に加入し、翌2013年にはドミニカ共和国代表としてデビューを果たした。報道によると、2015-16シーズンは公式戦20試合で25ゴールを挙げる大活躍を見せ、2021年までの契約延長を勝ち取ったという。

 レアル・マドリードは17日からカナダのモントリオールでキャンプを始める予定だが、Bチームで得点を量産しているマリアーノもトップチームに帯同すると報じられている。ジネディーヌ・ジダン監督は同選手のほか、数名の若手選手をキャンプへ連れていく模様だ。

SOCCER KING

最終更新:7月10日(日)20時54分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。