ここから本文です

T・シュテーゲンがマンC移籍へ…バルサは代役にGKレイナ獲得か

SOCCER KING 7月10日(日)21時8分配信

 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが、マンチェスター・Cへ移籍することが有力視されている。イギリス紙『デイリーメール』が10日に報じた。

 報道によると、テア・シュテーゲンのマンチェスター・C移籍が7月中に決定する見通しとなった。新天地ではイングランド代表GKジョー・ハートと定位置争いを繰り広げることになりそうだ。

 そして同紙は、バルセロナがテア・シュテーゲンの代役として、ナポリの元スペイン代表GKペペ・レイナの獲得に向かっていると報じた。カップ戦要員として貢献してきたテア・シュテーゲンを放出する決断の背景には、レイナ獲得への自信があると同紙は伝えている。

 テア・シュテーゲンは2014年夏からバルセロナに所属。リーガ・エスパニョーラではチリ代表GKクラウディオ・ブラボの控えに甘んじているが、カップ戦要員として貢献している。加入1年目の2014-15シーズンはコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)とチャンピオンズリーグ制覇、2015-16シーズンはコパ・デル・レイ連覇を達成した。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任したマンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でGK補強を目指していると報じられてきた。同監督はハートのパフォーマンスに不満を抱いている模様で、補強候補にはテア・シュテーゲンのほか、ブラボやミドルズブラ移籍が決まった元スペイン代表GKビクトル・バルデスといった名前が挙げられていた。

SOCCER KING

最終更新:7月10日(日)21時31分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]