ここから本文です

Avanzareつくば、ブラインドサッカー日本選手権4連覇…過去最多の15チーム参加

SOCCER KING 7月10日(日)22時20分配信

 7月9日、10日に「第15回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」がアミノバイタルフィールド(東京都調布市)で行われた。

 決勝は、Avanzare(アヴァンツァーレ)つくばとbuen cambio yokohama(ブエ・ンカンビオ・ヨコハマ)が対戦。前半5分、Avanzareつくばの田村友一が押し込んで先制すると、同15分に再び田村が追加点を決めた。前半のリードを守りきったAvanzareつくばが、2-0で4連覇を達成。2ゴールを決めた田村は、2年連続で最優秀選手受賞となった。最優秀GKには、Avanzareつくばの清都俊仁が選ばれている。

 3位のたまハッサーズは、フェアプレー賞も受賞。ナマーラ北海道は出場2年目で初めて決勝トーナメントに進出し、7位という結果を残した。初出場のMix Sence(ミックス・センス)名古屋は14位だった。

 国内大会初の試みとなった有料席100席は、7月7日の時点で完売。決勝前イベントとして行われたエキシビションマッチでは、10歳から18歳の選手で構成されているジュニアアスリートチームと、元サッカー女子日本代表の小林弥生氏を特別監督として迎え、各チームの女子選手で構成した女子チームが対戦し、会場を沸かせた。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(両日)、Jリーグの村井満チェアマン(9日)が観戦。日本障がい者サッカー連盟の北澤豪会長が観戦後、閉会式に出席した。9日にはタレントの橘ゆりかさんがブラインドサッカーのPK対戦やブラインドサッカーを体験。10日には、ブラサカVR体験や第1回ゾンビサッカー日本選手権などが行われた。

 初日は大雨だったが、2日間を通して3347人が来場した。

SOCCER KING

最終更新:7月11日(月)10時17分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]