ここから本文です

一度は追いつかれるも…二川→井林ヘッドで東京Vが逃げ切る!岡山は7戦ぶり黒星

ゲキサカ 7月10日(日)20時0分配信

[7.10 J2第22節 東京V2-1岡山 味スタ]

 J2の第22節が10日に行われた。2連敗中の東京ヴェルディはホームでファジアーノ岡山に2-1で勝利。先制後に一度は追いつかれたものの、後半38分に移籍後初先発したMF二川孝広の左クロスからDF井林章が決めたヘディングシュートが決勝点。岡山を振り切り、3戦ぶりの白星を獲得した。一方の岡山は5月28日のC大阪戦(1-2)以来、7戦ぶりの黒星。前節・清水戦(2-2)に続き、2戦勝ちなし(1分1敗)となってしまった。

 アウェー2連戦で2連敗中の東京Vは、MF高木善朗が累積警告による出場停止。4-2-3-1システムを採用し、2列目では右にMF澤井直人、トップ下ではG大阪から期限付き移籍で加入したMF二川孝広が初先発し、左ではMF南秀仁が8戦ぶりに先発した。1トップはFWドウグラス・ヴィエイラが務めた。

 直近6戦負けなし(4勝2分)で4位に位置する岡山は、前節・清水戦(2-2)から先発を一人変更。第5節を除いて全試合で先発しているMF片山瑛一がメンバー外でMF三村真が6戦ぶりに先発。リオ五輪を戦うU-23日本代表MF矢島慎也は7戦連続の先発出場した。

 まずは前半8分、東京Vが決定機を迎える。左サイドから中央へ持ち込んだ二川が右サイドへスルーパス。反応した澤井がダイレクトで折り返し、詰めたFWドウグラス・ヴィエイラがシュートを打つも、GK中林洋次の好セーブに阻まれる。こぼれにMF井上潮音が詰めたがポストを叩いた。

 この場面でシュート後のドウグラスの左足にMF加地亮の身体が乗ってしまい、ドウグラスは左足を痛める。一度ピッチの外に出て、戻ったものの助っ人FWは前半15分に痛みを訴えて交代。代わってFW高木大輔が送られた。高木大はそのまま1トップを務めた。

 アクシデントで早々と交代カードを切ることを余儀なくされた東京Vだったが、先制に成功する。前半28分、DFウェズレイのロングパスを相手と交錯しながらも南が弾き、跳ね上がったボールを井上がダイレクトで前へ送る。大きく浮いたループパス。PA内右へ抜け出たDF安西幸輝がDF竹田忠嗣に倒され、PKを獲得。このプレーで竹田は警告を受けた。

 PKキッカーを務めたのは中後。グラウンダーのシュートをゴール左下隅へ決める。中後の5戦ぶりとなる今季3点目が決まり、東京Vが先制に成功した。

 その後も押し込む東京Vだったが追加点は生まれない。前半32分には二川のFKからウェズレイが打点の高いヘディングシュートを打つも枠外。同37分には高木大の仕掛けから得たFK。DF安在和樹が狙うも壁に当たる。ここで得た右CK、井上の入れたボールにDF井林章が頭で合わせたが枠を外れた。

 すると前半40分に東京Vにまたもアクシデント。左サイドからドリブルで仕掛けようとした井上がFW押谷祐樹に倒される。素早いリスタートからプレーは続行されたが、井上は倒れこんだまま。一度ピッチ外に出てから戻ってきたが、痛みがあったようで自ら交代を要求。後半アディショナルタイム1分、早くも2人目の枠を使い、右膝を痛めた井上に代え、MF高木純平を送った。そのまま前半を終えた。

 一方の岡山は耐える時間の長い前半だった。前半25分には加地の右クロスにFW赤嶺真吾が頭で合わせるも、GK鈴木椋大に弾かれ、同27分にはFW伊藤大介の左CKのこぼれから、三村がシュートを打ったがGKに止められた。その後はチャンスらしいチャンスはなく。1失点して前半を折り返した。

 迎えた後半、岡山はMF渡邊一仁に代わり、FW豊川雄太を入れる。するとこの交代が功を奏す。後半14分、東京Vの自陣左サイドからのスローインを岡山がカット。一度は高木純に取られたが伊藤が即座に奪い返してカウンター。右クロスをPA内正面の豊川が頭で落とし、しっかりと足下につなぐ。受けた押谷のシュートはGKに弾かれるも、こぼれを自ら拾い、ゴール正面から右へ流れつつ足を振り抜いた。これがネットを揺らし、岡山が1-1に追いつく。

 振り出しに戻され、一進一退の攻防が続く。後半23分、東京Vがカウンター。抜け出た南がGKとの一対一に持ち込もうとするもDFに奪われシュートで終われず。直後に澤井がミドルを狙うもGKに阻まれる。同24分には岡山がチャンスメイク。DF澤口雅彦が右サイドから鋭い仕掛けをみせ、クロスを入れる。飛び込んだ豊川が必死に左足を伸ばしたがシュートは枠外だった。同31分には伊藤のFKから赤嶺のヘディングシュートが枠を捉えるもオフサイド。同34分、岡山は左足を負傷した押谷に代わり、FW久保裕一を投入する。

 その後、東京Vは南が積極的に仕掛けていくもシュートで終われず、悔しさを露にするシーンが続いた。それでも後半38分、2点目を奪ったのは東京Vだった。南のパスから左サイドへ抜けた二川がクロスを入れる。ゴール前混戦。飛び込んだ井林のヘディングシュートがゴールネットを揺らした。東京Vが2-1と二度目の勝ち越しに成功する。

 後半40分に岡山は最後の交代枠を使い、三村に代わってDF金珍圭を投入。東京Vも後半42分、二川に代えて、MF田村直也を送った。5分間のアディショナルタイムで得点は生まれず。19位の東京Vが4位の岡山を2-1で下し、3戦ぶりの勝利を手に入れた。

最終更新:7月10日(日)20時2分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合