ここから本文です

清水が4発完勝で8戦負けなし! 2ゴールの19歳北川「気持ちで押し込みました」

ゲキサカ 7月10日(日)20時10分配信

[7.10 J2第22節 清水4-0熊本 アイスタ]

 清水エスパルスがロアッソ熊本を4-0で下した。これで清水は8試合負けなし(5勝3分)とした。対する熊本は3連敗となってしまった。

 序盤から主導権を握る清水が前半27分に先制に成功する。高い位置でボールを奪った清水はFW鄭大世がMF白崎凌兵に縦パスを送り、鮮やかなターンで前を向いた白崎が右足でゴール左隅に流し込み、1-0。白崎の3試合連続ゴールで先制すると、同40分には左クロスから鄭大世がDF薗田淳に倒され、PKを獲得。これを鄭大世自らゴール右隅に冷静に決め、2-0とした。

 6月26日から2週間で5試合をこなしている熊本は、連戦の疲れからか思うようにチャンスを作ることができない。前線でFWアンデルソンが脅威となるも、個人技から放ったシュートはGK杉山力裕に止められてしまい、前半で点差を縮めることができなかった。

 後半も清水が試合を優勢に進める。同14分にはFW北川航也を投入すると、その北川が直後の15分に放った右足シュートはクロスバーを叩いたが、同19分に追加点を挙げる。鄭大世が右サイドからグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ北川が滑り込んだ左足に当てて、3-0とリードを広げた。

 熊本は後半30分にMF高柳一誠との交代でFW巻誠一郎がピッチに入ると、前線からボールを追いかけるなど、チームメイトを鼓舞。しかし、清水は同36分、MF村田和哉が右サイドが折り返したボールをフリーの北川が滑り込みながら右足で押し込み、4-0と試合を決定づけた。

 試合後のヒーローインタビューで北川は「(直前に決定機を外し、)それでは帰れないと思っていた。気持ちで押し込みました。3点目取れたと思うので、まだまだ満足せず、次にハットトリック取れるように練習していきたい。後期一発目をいい形で終えられたと思うので、このまま連勝していきたい」と19歳FWは冷静に淡々と語っていた。

最終更新:7月10日(日)20時10分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]