ここから本文です

2-0から追いつかれるも終盤に突き放す!松本が2度目の4連勝で2位浮上

ゲキサカ 7月10日(日)20時31分配信

[7.10 J2第22節 松本4-2金沢 松本]

 松本山雅FCはホームでツエーゲン金沢を4-2で下し、今季2度目の4連勝を飾った。2-0から一時は同点に追いつかれたが、後半終了間際の連続ゴールで突き放した。これでホームでは5連勝。順位でもC大阪に勝ち点44で並ぶと、得失点差で上回り、2位に浮上した。

 松本は立ち上がりから再三、セットプレーのチャンスをつかむ。前半2分、MF宮阪政樹の左CKに合わせたFW高崎寛之のヘディングシュートはゴール上へ。同19分には宮阪の右FKにDF喜山康平が頭で合わせたが、枠を捉えられなかった。

 それでもスコアレスで折り返した後半5分、宮阪の左FKからこぼれ球をMF工藤浩平が右足で蹴り込み、先制点。同10分にはカウンターからMF石原崇兆がドリブルで駆け上がり、PA右でラストパスを受けた高崎が右足で豪快にニアサイドを破り、追加点を奪った。

 高崎の2試合連続ゴールで2-0とリードを広げた松本だが、金沢も後半19分、途中出場のMF古田寛幸がドリブルで右サイド深い位置まで切れ込み、マイナスのクロス。MF熊谷アンドリューが右足でゴール右隅に流し込んだ。

 今季、横浜FMから期限付き移籍で加入した10番の熊谷は移籍後初ゴール。1点を返すと、さらに後半34分、DF馬渡和彰の左CKに合わせたのは1分前に投入されたばかりのDFメンデスだった。190cmの長身DFがニアサイドで打点の高いヘディングシュート。ファーストタッチが値千金の同点弾となった。

 2点差を追いつかれた松本だが、ホームの大観衆の後押しを受け、再び勝ち越しゴールを目指す。すると試合終了間際の後半44分、右サイドからDF後藤圭太が斜めに縦パスを入れると、高崎がつぶされながらもボールをつなぎ、PA内に走り込んだMF岩間雄大が右足でゴール左隅に流し込んだ。

 岩間の5試合ぶり今季4ゴール目で3-2と勝ち越した松本は後半アディショナルタイムにもカウンターから石原がドリブルで駆け上がり、ダメ押しゴール。昨季、岡山から加入した石原は2シーズンぶりの得点で待望の移籍後初ゴールとなり、ホーム5連勝に貢献した。

最終更新:7月10日(日)20時36分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]