ここから本文です

互いにチャンスいかせず…京都とスコアレスドローの群馬は5戦白星なし

ゲキサカ 7月10日(日)20時59分配信

[7.10 J2第22節 京都0-0群馬 西京極]

 京都サンガF.C.とザスパクサツ群馬の対戦は0-0で引き分けに終わった。京都は3試合負けなし(1勝2分)、群馬は5試合白星なし(4分1敗)となった。

 開始1分でチャンスを作った京都が試合を押し気味に進める。前半7分、MF堀米勇輝がPA左に侵入してクロスを供給すると、ファーサイドに滑り込んだMF山瀬功治が右足で合わせたが、右ポストに嫌われる。対する群馬は少ないチャンスから、同23分にFW瀬川祐輔がPA手前から放った右足シュートは右ポストを叩き、前半スコアレスに終わった。

 後半は群馬が右サイドから立て続けにチャンスを作る。同19分、右サイドの敵陣中央でFKを獲得すると、キッカーのMF松下裕樹が右足で入れたボールをDF舩津徹也がヘディングシュート。これはわずかにゴール上に外れ、同21分にはサイドチェンジから舩津が上げたクロスを瀬川がヘッドも、GK菅野孝憲のビッグセーブに阻まれ、ゴールネットを揺らすことができなかった。

 流れを変えたい京都は後半19分に前節・岐阜戦で決勝点のFWダニエル・ロビーニョを投入。同37分、FWエスクデロ競飛王がドリブルで持ち上がり、ロビーニョに渡す。ロビーニョはPA右からシュートを放つもGK清水慶記の好セーブに遭う。終了間際にはカウンターからエスクデロが攻め上がり、横を並走してきたDF内田恭兵にパスを送るも、内田がPA右から放ったシュートは枠を外れ、試合はそのまま0-0に終わった。

最終更新:7月10日(日)20時59分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。