ここから本文です

「シン・ゴジラ」コラボ航空機お披露目、長谷川博己「“空”からゴジラブームを」

映画ナタリー 7月11日(月)5時0分配信

「シン・ゴジラ」と航空会社スターフライヤーのコラボによる“シン・ゴジラジェット”の機体お披露目式が、昨日7月10日に福岡・北九州空港で開催され、主演の長谷川博己が参加した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このコラボレーションは、スターフライヤーのコーポレートカラーである黒と、ゴジラの体色に親和性があることから実現したもの。シン・ゴジラジェットの機体には映画のロゴとともに、縦5m、横8mのゴジラが描かれている。すでに運行は始まっており、1日6便、全国6都市に12月まで就航する。また、機内では特別コラボグッズが販売される予定だ。

お披露目式にて長谷川は、「シン・ゴジラジェット、スターフライヤーの黒とマッチしていて、とてもカッコいいですね! まさに童心に返る気分で、ぜひ乗ってみたいです。このジェットが空を飛ぶと思うと、とてもワクワクするし、光栄です。今、着々とゴジラブームがやって来ている感じがするし、このジェットで日本中のゴジラブームを“空”から広げてもらえたらうれしいです」とコメント。東宝が12年ぶりに製作する「ゴジラ」最新作、「シン・ゴジラ」については「12年ぶりに復活したゴジラ、まだまだ謎に包まれている本作ですが、公開されたらきっとゴジラジェットとともに話題になるはずです!」と自信をのぞかせた。

「シン・ゴジラ」は、庵野秀明が総監督、樋口真嗣が監督を務めた作品。長谷川のほか、竹野内豊や石原さとみが出演する。7月29日より全国ロードショー。

最終更新:7月11日(月)5時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。