ここから本文です

Project Blocksとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

リセマム 7月11日(月)8時15分配信

 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆Project Blocksとは
【読み】プロジェクト ブロックス
【表記】Project Blocks
【分類】ハードウェア/技術
【ひとことで言うと】
「Googleが研究開発している子ども向けハードウェア。ブロックを組み立てることでプログラミングが可能」
【解説】
 「Project Blocks」は、Googleが進めているプロジェクトの1つ。2016年6月に、プロジェクトが進行中であることが公表された。

 「Project Blocks」は、ブロックを組み立てることでプログラミングが可能なアイテムで、「子どもの思考を手助けする、新しい方法を作成すること」を目指しているという。解決能力を育てる知育玩具の側面を持ちつつ、オープンプラットフォームとして提供することで、さまざまな拡張性にも対応する。

 部品を組み合わせることでプログラムを作り上げる「ビジュアルプログラミング」の手法を、実物のブロックで具現化したものともいえる。「ブレインボード」と呼ばれるパーツを中核に、さまざまな個別のブロックを組み合わせ遊ぶことで、プログラミング学習体験が可能。各ブロックは、音、光、センサー、Wi-FiやBluetoothを制御できるものが用意されている。

 現在はまだ研究開発の段階で、製品提供や日本での展開時期などは未定。Googleが開発した科学実験アプリ「Science Journal」との連動などが、今後期待される。

【関連用語】ビジュアルプログラミング、知育玩具、Scratch、Science Journal
【最終更新日】2016年7月11日

《リセマム 冨岡晶》

最終更新:7月11日(月)8時15分

リセマム