ここから本文です

中部以南の地域、大雨に引き続き注意 嘉義で赤い朝焼け/台湾

中央社フォーカス台湾 7/11(月) 12:16配信

(台北 11日 中央社)中央気象局によると、11日の台湾各地は広範囲の地域で午後から雨が降る見込み。特に中部や南部の地域は南西の風の影響で、大雨や豪雨の可能性もある。また、南部・嘉義では早朝に空が赤く染まる現象が確認された。

赤い朝焼けは天候悪化の象徴だと古くから伝えられており、その日は気温が上昇し、雨が降るとされている。同現象が確認された嘉義では午前8時52分、気温31.6度を観測した。

11日の各地の降水確率は台北市60%、台中市30%、高雄市70%、宜蘭県50%。予想気温は台北市32~35度、台中市31~33度、高雄市29~31度、宜蘭県30~33度など。

(江俊亮、汪淑芬/編集:名切千絵)

最終更新:7/11(月) 12:16

中央社フォーカス台湾