ここから本文です

ラニが来年のドバイワールドCとブリーダーズCクラシックに挑戦

netkeiba.com 7月11日(月)11時0分配信

 今年の米国3冠に出走し、3戦目のベルモントSでは3着に入ったラニ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)に、来年はドバイワールドC(GI・ダ2000m、メイダン競馬場)とブリーダーズCクラシック(GI・ダ2000m、デルマー競馬場)に挑戦するプランがあることがわかった。10日、前田幸治オーナーから明らかにされた。

 同馬は現在、大山ヒルズ(鳥取県)で着地検査中。年内は国内に専念し、12月のチャンピオンズCを目標にすることが既に発表されている。年明けにもドバイに渡り、現地の前哨戦からドバイワールドCへ。そのまま渡米し、秋は現地のレースを使ってブリーダーズCクラシックを目指す。

最終更新:7月11日(月)11時3分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]