ここから本文です

キース・スウェットが新作を来週発売 シルク、ドゥルー・ヒル、故ジェラルド・リヴァートら参加

bmr.jp 7月11日(月)20時40分配信

キース・スウェットが新作を来週発売 シルク、ドゥルー・ヒル、故ジェラルド・リヴァートら参加

キース・スウェットが新作を来週発売 シルク、ドゥルー・ヒル、故ジェラルド・リヴァートら参加

来年でデビュー30周年を迎える大御所R&Bシンガーでプロデューサーのキース・スウェットが、55歳の誕生日に、およそ4年半ぶりとなるニュー・アルバム『Dress To Impress』を発売する。

テディ・ライリーと組んだデビュー曲“I Want Her”が全米チャート最高5位の大ヒットとなる華々しいデビューを飾り、90年代にも“I'll Give All My Love To You”、“Twisted”、“Nobody”といったヒットを連発させたキース・スウェット。「性愛ソング」の名手としても知られる彼は、近年は、自身のラジオ番組が人気を博しているほか、名曲“Make It Last Forever”を冠した恋愛指南本を出版したり、かつてプロデュースしたことのあるドゥルー・ヒルのカムバックをバックアップしたりと多岐に渡って活動している。

また先日は、クリス・ブラウンのキース・スウェット“Nobody”を借用した“Who's Gonna (Nobody)”に、キース自身が招かれるリミックス版が登場したことも話題になったばかり。他にも、若手のブライソン・ティラーも昨年のデビュー作で“Nobody”をサンプリングし、ドレイクやケンドリック・ラマーといった人気ラッパーらがラップの中でキース・スウェットについて言及するなど、今なおその存在感は大きい。

1987年のデビューから現在に至るまで第一線で活躍し続け、アルバムも堅調にリリースしているキース・スウェット。今年1月には、ジョーの最新作『Bridges』の全面プロデュースでも知られるデレク・アレン、そしてドゥルー・ヒル最新作『InDRUpendence Day』にも関わっていたジェイソン・スコットと共に制作した新曲“Good Love”を発表していたが、ついに、前作『Til The Morning』からおよそ4年と8ヶ月ぶり、スタジオ・アルバムとしては12作目となる新作『Dress To Impress』を完成させた。

全16曲を収録するこの新作は、デレク・アレンと共にジョー『Bridges』を手がけていたジェラルド・アイザックらがキース・スウェットと共にエグゼクティヴ・プロデュースを担当。ゲスト・アーティストには、ドゥルー・ヒルに加え、キース・スウェットが発掘したことでも知られるベテランR&Bグループのシルクが参加している。アルバムの最後を飾る“Let's Go To Bed”には、2006年に心臓発作で急逝したベテランR&Bシンガーで、ジョニー・ギルと3人でLSGというスーパー・グループを組んでいたことでも知られる故ジェラルド・リヴァートの名前も。また、女性アーティストとのデュエットでも数々の名曲を生んだキース・スウェットだが、セカンド・シングル“Just Thw 2 Of Us”には新進女性シンガーのタキーヤ・メイソンを抜擢している。

『Dress To Impress』という新作タイトルには、「最初の素晴らしいファースト・インプレッションを永続させること」という意味が込められているそうで、「みんな、最初に見たものをいつも思い出すものだ。どんな服装をしていたとかね。このアルバムは、男は、交際している女性をどう扱うべきか、どう喜ばせるべきかといったことを歌った曲を集めたものだ」などと説明。いつものキース・スウェット節をたっぷり味わうことができそうだ。

キース・スウェットのニュー・アルバム『Dress To Impress』は、彼の55歳の誕生日となる7月22日に発売される。

1. Good Love
2. Tonight (feat. Silk)
3. Just The 2 Of Us (feat. Takiya Mason)
4. Pulling Out The One
5. Special Night
6. Back And Forth
7. Give You All Of Me
8. Missing You Like Crazy (feat. Dru Hill)
9. Lovers And Friends
10. Feels Good
11. Better Love
12. Dressed To Impress
13. Cant' Let You Go
14. Say
15. Get It In
16. Let's Go To Bed (feat. Gerald Levert)

最終更新:7月11日(月)22時30分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。