ここから本文です

リース・ウィザースプーン、16歳の愛娘と一卵性母娘のようにそっくり!

cinemacafe.net 7月11日(月)11時45分配信

リース・ウィザースプーンがインスタグラムに16歳の愛娘とのツーショットを投稿、双子と見間違えるほどのそっくり度が話題になっている。

【写真】リース・ウィザースプーン/フォトギャラリー

リースは9日(現地時間)に「母娘の時間」とキャプション付きで16歳の愛娘・エイヴァと顔を寄せ合った写真を投稿した。ブロンドのセミロングの髪、目や口元は一卵性母娘と呼びたくなるほど、そっくり。エイヴァの表情には父親のライアン・フィリップの面影もかすかにあり、両親のいいとこ取りの美しいティーンに成長した。

51万件を超える「いいね!」がついたこの写真のほかにも、リースのインスタグラムには秋から中学生になる12歳の息子・ディーコン、3歳の息子・テネシーの写真もよく載せられている。

エイヴァはまだ芸能活動はしていないが、母のSNSにしばしば登場し、一緒にプレミアなど公の場にも姿を見せることから、注目の的になりつつある。髪をカラフルな色に染めたり、ノーズピアスをするなど、いまどきのティーンでもあるエイヴァのインスタグラムにはすでに17万5千ものフォロワーがいる。

最終更新:7月11日(月)11時45分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。