ここから本文です

TokyoDocs、2012年提案企画が映画化、「アトムとピース」として公開中

映画.com 7月11日(月)7時0分配信

 [映画.com ニュース]ドキュメンタリー番組の国際共同制作実現へ向け、2011年から毎年開催している国際イベント「Tokyo Docs」で、12年開催時に提案された企画がこのほど、「アトムとピース」という題名で映画化され、渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開中だ。午後9時からの1日1回上映を予定している。

 同作は、長崎の小学校講師で被爆3世である松永瑠衣子氏の旅を追ったロードムービー。放射能の恐ろしさを一番知っていたはずの日本人が、なぜ福島の事故を起こしてしまったのか、なぜ今も原発にこだわるのか、という疑問を胸に、福島と青森の原子力の平和利用の現場を旅していく。

 なお、今年の「Tokyo Docs 2016」は11月7~10日、東京・平河町のJA共済ビルカンファレンスホールで開催予定。(文化通信)

最終更新:7月11日(月)7時0分

映画.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。