ここから本文です

増田寛也元総務相が都知事選出馬(全文3/完)各党各組織から幅広く推薦希望

THE PAGE 7月11日(月)17時42分配信 (有料記事)

東京ブロードウェー構想、虎ノ門のシャンゼリゼプロジェクトなどについて

フジテレビ:フジテレビの町野と申します。先ほど韓国人学校の件で白紙に戻すことも考える、とおっしゃっていたんですけれども、舛添前知事の政策の継承ということに関して、そのほかに何か白紙に戻したりですとかいうお考えがあるかどうかということをお伺いしたく思います。例えば、東京ブロードウェー構想ですとか、虎ノ門のシャンゼリゼプロジェクトなどについては、どうお考えかどうかをお聞かせ願えればと思います。

増田:虎ノ門のシャンゼリゼ通り構想、新虎通りですけども、そこはこれから建っているいくつかビルありますけれども、まだまだその下に、道路にいろいろなカフェを整備する等ということがまだできていなくて、ぽつんぽつんという形になっているかと思います。で、こうしたまちづくり、成熟した本当に憩いの場として進めていく上ではかなり、どこも時間がかかるものでありますが、あのような地域にそれぞれの年代の方、特に若い世代の人たちが憩いの場として特に土日などが中心となると思いますけれども、道路を最大限に生活空間、あるいは娯楽の空間として利用できると言うことはとても素晴らしいことだと思いますので、実際のシャンゼリゼ構想の都と、それから事業者などの役割分担、あるいは区と事業者の役割分担、都と区の役割分担、詳細には承知しておりませんが、目指す方向は、私は東京の中で必要な方向ではないかと思います。

 それから、ブロードウェー構想は、私もニューヨークのブロードウェーも何度も行っておりますけれども、やはりそのバックに相当ないわゆるソフト的な蓄積がないと難しいと思いますので、これはこういうことを即断するようなことを私はいたしませんが、都庁にもし知事としてなれば、よく職員の人たちや現場の人たちに話を聞いて、できるものならやればいいと思いますけれど、すぐ思いますのはなかなか壮大な構想だなという気がいたします。

 で、都の長期ビジョン。2025年に向けての長期ビジョンや、それから総合戦略、この間できた、あれ2020年までの総合戦略で、かなり都庁の職員の皆さん方、優秀でありますし、よく練って作られているなというふうに思います。ただ、最後までそれがどういう形で作られているのか、いろいろその強弱がおそらくあると思うので、今ただちにこれはもう白紙撤回とかいうものを思っているものではありませんが、その辺りの部局や関係の皆さま方のご意見を聞いて判断をしていきたいと。非常によくできている政策のように見受けてはおります。どうしようかな。すいません。前の、じゃあ。

新宿新聞:新宿新聞のキダです。

増田:あ、ごめんなさい。こちら指したつもりだった。

新宿新聞:あ、そう。

増田:ごめんなさい。じゃあ、その次にいきますので。すいません。失礼しました。ちょっと順番、はい。

読売新聞:読売新聞のマエダと申します。よろしくお願いします。選挙での推薦についてなんですけれども。

増田:失礼、ちょっと。

読売新聞:選挙での推薦についてなんですけれども、自民、公明以外で予定されている政党であるとか団体、組織というものがもしあるようでしたら教えてください。本文:18,760文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7月11日(月)17時42分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。