ここから本文です

2Dイラストを360度動かす「Live2D Euclid」映像公開!女の子が近づき、手を伸ばし、覗き込む

インサイド 7月11日(月)14時10分配信

イラストなどの2Dで描かれたキャラクターを動かすことができる「Live2D」。個人でも扱える気軽さや使いやすさだけでなく、イラストの魅力を損なわないというのも大きな魅力のひとつです。

【関連画像】

今やゲームやアニメに限らず様々な場所で活用されていますが、現在展開している「Live2D Cubism」の立体表現には制限があり、ある程度の角度までしか回り込むことができません。しかし、開発中の「Live2D Euclid」では、なんと360度の立体表現が可能になるとのこと。そのため多くの方が、「Euclid」の続報に注視してきました。

クリエイターのみならずユーザーからの関心も集めている「Euclid」ですが、7月2日に行われた年次イベント「alive 2016」にて、「Euclid」のVRおよびARデモの展示が行われました。すでにいち早く「Euclid」の片鱗に触れてきた方も多いことと思います。ですがその一方で、距離やスケジュールの関係で足を運べなかった人もいるでしょう。


せめて「Euclid」の映像でも見たいという方は、先日公開された「 2016 - Live2D Euclid Unveiling」という動画をご覧になってはいかがでしょうか。「alive 2016」でお披露目されたキャラクター“YUI”が「Euclid」で生み出される制作過程の一端や、彼女がなめらかに動く様子などを捉えています。

ドアからこちらを覗き込み、近寄って腕を伸ばし、覗き込むその動きは自然そのもの。「Euclid」がもたらす恩恵の大きさを期待させる映像となりました。百聞は一見にしかず、よければこちらからご覧になってみてください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=Xg40RzBIqTY

copyright (C) 2016 Live2D Inc. all rights reserved.

最終更新:7月11日(月)14時16分

インサイド