ここから本文です

リオ五輪女子代表 野村敏京と大山志保に決定

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月11日(月)10時13分配信

カリフォルニア州のコーデバルGCで開催された女子メジャー第3戦「全米女子オープン」を終え、11日付の最新の女子ゴルフ世界ランキングが発表された。8月の「リオデジャネイロ五輪」の日本女子代表選手は、世界ランク22位の野村敏京と43位の大山志保に決まった。

【画像】五輪代表ならず イ・ボミの沈んだ表情

各国代表は世界ランクに基づく五輪ランキングで最大4枠が与えられるが、2枠の日本代表は2番手争いがし烈だった。

「全米女子」に前週まで42位だった大山、45位の宮里美香、46位の渡邉彩香がそろって参戦。首痛からの復帰戦で予選落ちした大山は世界ランクポイントを加算できず1ランク後退したが、宮里も決勝ラウンド進出を逃して47位。渡邉はイーブンパー20位で迎えた最終日に「76」と崩れて38位に終わり、ランキングは45位に浮上したが、大山には及ばなかった。

前年度の日本女子ツアーの賞金女王、イ・ボミも「全米女子」で予選落ち。7番手からの逆転を狙ったが、韓国代表は朴仁妃、キム・セヨン、エイミー・ヤン、チョン・インジの4人となった。

最終更新:7月11日(月)11時59分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)