ここから本文です

「WINNER」ドリカムフェスに出演! 「うれしい! たのしい! 大好き! 」をカバー披露

WoW!Korea 7月11日(月)9時42分配信

韓国YGエンターテインメントが約8年振りに放ったボーイズグループ「WINNER」が大阪・万博記念公園東の広場特設ステージで開催された「MBS presents 私だけのドリカム THE LIVE」に出演した。同イベントは、「DREAMS COME TRUE」の大ヒット曲「大阪LOVER」の歌詞にも出てくる万博公園で「DREAMS COME TRUE」が大好きなアーティスト、番組、出演者、スタッフ、そしてファンと一緒に作り上げる1日限りの夏祭り。今年で2回目の開催となる。

WINNERのプロフィールと写真

 初出演で登場した「WINNER」、会場中が大歓声に包まれる中、新曲「SENTIMENTAL」を披露。WINNER 2016プロジェクト第一弾「EXIT MOVEMENT : E」のダブルタイトル曲の中の一つである同楽曲は先月配信されるや否や、韓国の音楽配信チャートを独占したのはもちろん、海外11ヶ国のiTunesアルバムチャートで1位、米iTunesチャートで17位を記録している人気の新曲。誰もが感じるセンチメンタルな感情を愉快に表現した楽曲は、自然と耳に入ってくるメロディと「僕は今センチな気分~」と繰り返されるサビがクセになる。

 新曲披露に早くも会場はヒートアップ。リーダーのカン・スンユンが「はじめましてWINNERです! 素敵なイベントに呼んで頂き、ありがとうございます! 一緒に盛り上げていきたいので宜しくお願い致します!! 」とあいさつすると続けざまに同収録作品から「BABY BABY」「IMMATURE」を披露。「BABY BABY」ではブルース調の曲でうっとりさせたかと思えば、軽快なリズムのロック・ナンバー「IMMATURE」で会場のボルテージをあげていく。この変幻自在なスタイルは、ジャンルを越え、老若男女全てのファンと想いをひとつにして楽しむという「WINNER」の真骨頂だ。

 その後「僕達が大好きなドリカムさんの曲をカバーさせて頂きました。本当に光栄です! 今日このステージにたつことができてうれしいし、楽しいし、大好きです !! みなさん一緒に盛り上がりましょう!! 」と言うと彼らが現在開催中のツアー「2016 WINNER EXIT TOUR IN JAPAN」でも披露してきた「Dreams Come True」の「うれしい! たのしい! 大好き! 」のカバーを披露。ダンスバージョンのアレンジにミノ、スンフンのRAPが加わり、テヒョン、ジヌ、スンユンの歌声とメンバーの息の合ったダンスが会場を歓喜の渦に包みこむ。終始15分の凝縮された彼らのパフォーマンスは、ドリカムを尊敬する「WINNER」と共にドリカムLOVER で埋め尽くされた3万5千人の会場を一体化させた。

最終更新:7月11日(月)9時42分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。