ここから本文です

藤井フミヤが考える“大人”とは? 「何をもって大人とするかって難しい」/インタビュー

エキサイトミュージック 7月11日(月)11時45分配信

 
■藤井フミヤ/New Album『大人ロック』インタビュー(3)

藤井フミヤが4年ぶりとなるオリジナル・アルバム『大人ロック』をリリースする。そのタイトルから、“大人とは?”ということについて、改めて考えることもあったと言う。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「いろいろと取材を受けて一番難しかったのが、『大人ってなんなんでしょうね?』っていう質問で。それを探さないといけないなと思いながら、終わってしまった(苦笑)。なんか洒落た感じで、『それが大人ですよね』みたいなのが、見つからないんだよね。そもそも何をもって大人とするかって難しいよね。年齢は自分より下でも苦労が多いやつは俺より大人だしね。自分に責任が持てるっていうところが大人なのかな。他人に迷惑かけないとかね。そうは言っても、大人になればなるほどわがままになってくるんだよ。色んな意味で、我が道を行くじゃないけど、『人からどう思われてもいいや』みたいなところはあるね。『俺、これ食いたい!』って言ったら、何が何でも食いたいみたいな(笑)。そうすると、これは大人じゃないな」

このアルバムのリリース後、藤井フミヤは9月より2年ぶりとなる全国ツアー【FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2016 大人ロック】を開催する。
(取材・文/瀧本幸恵)
※このインタビューの全文は後日掲載予定。

最終更新:7月12日(火)11時15分

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。