ここから本文です

廣瀬智紀が主演&主題歌担当「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」公開

映画ナタリー 7月11日(月)10時0分配信

廣瀬智紀が主演を務める「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」の公開が決定。あわせて、廣瀬が本作の主題歌を担当することも明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、ある探偵事務所の2代目所長・紅伊玲二が、彼のもとを訪れた少年の依頼を引き受けたことをきっかけに、相棒の藍彰二とともに思わぬ事件に巻き込まれていく物語。「ソングドリーマーズ☆」の櫻井信太郎がメガホンを取り、脚本を「虎影」「ヒーローマニア-生活-」の継田淳が手がけた。

撮影はすでに完了しており、廣瀬は自身が演じた玲二について「探偵の役ですがアクションもあり、『ブルウィップ』と呼ばれる鞭を武器として使います」とコメント。さらに「主演だけでなく主題歌まで担当するということに戸惑いもありました」とプレッシャーを感じていたことを明かしつつ、「作品をより一層盛り上げることができたらと思い、大事に歌わせていただきました」と語っている。

「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」は2017年初春に公開予定。

最終更新:7月11日(月)10時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。