ここから本文です

早大とブリヂストン、W-BRIDGE委託研究先を決定…ゴムノキを活用した森林回復など

レスポンス 7月11日(月)8時30分配信

早稲田大学とブリヂストンが連携して実施している研究支援プロジェクト「W-BRIDGE」は7月8日、2016年度(2016年7月1日から2017年6月30日まで)の研究委託先を決定した。

同プロジェクトでは、4月1日から5月30日にかけて、ブリヂストンが指定した研究領域について、大学と一般の人々が連携して取り組む環境研究課題を募集していた。応募案件の中からW-BRIDGEの審査委員会および運営委員会が選考を行った。

2016年度は重点研究活動委託として、「国有林(保安林)におけるゴムノキを活用した住民参加型の森林回復モデルの広域化と住民組織強化」と「農村都市協働による有機農業の生態系サービスの評価および価値創出モデルの検討」の2件を研究委託先案件として決定。そのほか、一般研究活動委託5件、短期挑戦研究活動委託5件の合計12件を選定した。

これらのプロジェクトで得られた成果は、内容をまとめ、多くの人々に活用してもらえるよう情報公開する予定。なお、2015年度委託研究は、今後W-BRIDGEが開催するシンポジウム等で活動報告を行う。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月11日(月)8時30分

レスポンス