ここから本文です

若者向けにキャスト変更!医療ドラマ「コード・ブラック」レギュラーにロブ・ロウ

シネマトゥデイ 7月11日(月)10時0分配信

 マーシャ・ゲイ・ハーデン主演の医療ドラマ「コード・ブラック(原題) / Code Black」に、「ブラザーズ&シスターズ」のロブ・ロウがレギュラー入りしたと The Hollywood Reporter などが報じた。

【写真】ロブ・ロウ出演『恋するリベラーチェ』

 ロブが演じるのは米軍の戦闘死傷者ケアの研究プログラムのドクター。戦闘地帯での医療で身に付いた技術を教えるためにアフガニスタンからエンジェルス・メモリアル病院にやってくるという。積極的で、ルールにとらわれない医療スタイルはリアン・ロリッシュ(マーシャ)医師に大歓迎されるが、他の医師からは反発があるようだ。

 同ドラマは台本の読み合わせで、主役を30代のマギー・グレイスから50代のマーシャに入れ替えて設定を大幅に変更した作品。第2シーズンは、若い視聴者を獲得しようと40代のボニー・サマーヴィルとラザ・ジャフリーの降板を発表し、新たにノア・グレイ=ケイビーを含む若い俳優が3人起用されている。

 ロブが主演し、昨年ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたテレビドラマ「ザ・グラインダー(原題) / The Grinder」は、残念ながら第1シーズンでキャンセルされている。(澤田理沙)

最終更新:7月11日(月)10時0分

シネマトゥデイ