ここから本文です

蜂の巣をインテリアにしたら卵が羽化…消防隊が出動する騒ぎに/台湾

中央社フォーカス台湾 7月11日(月)17時53分配信

(嘉義 11日 中央社)嘉義市内の商店で9日、インテリアとして飾られていた蜂の巣に残っていたとみられる卵からアシナガバチが羽化し、消防隊が出動する騒ぎがあった。けが人はいなかった。

蜂の巣は野球ボールほどの大きさだった。消防によると、数日前に店主が外で拾い、持ち帰ったらしい。アシナガバチは全部で3匹いたが、1匹は外へ逃げたため、完全防備した隊員が2匹を回収した。

消防局によるとスズメバチの出現による出動は過去にも例があるとしながらも、性格が比較的おとなしいアシナガバチは珍しいという。ただ、危険を避けるため、蜂の巣をみだりに持ち帰らないよう呼びかけている。

(江俊亮/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月11日(月)17時53分

中央社フォーカス台湾