ここから本文です

【K-1】ゲーオvs山崎秀晃タイトルマッチで再戦

イーファイト 7月11日(月)21時26分配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg世界最強決定トーナメント~』の記者会見が、7月11日(月)都内にて行われた。

【フォト】2014年11月の初対決の模様

 K-1 WORLD GP -65kg王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)が2度目の防衛戦に臨む。その挑戦者はK-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝者・山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン)に決定した。

 前田憲作K-1プロデューサーは、「山崎選手は6月の世界トーナメント準決勝で敗れましたが、3月の日本トーナメントで左右田泰臣選手、久保優太選手、野杁正明選手の日本3強を破ったことを考慮して挑戦の資格ありと判断しました」と、山崎が挑戦者に選ばれた理由を説明。

 登壇した山崎は、「ゲーオに敗北を喫してからリベンジすることを考えてきて、やっと実現する日が来ました。応援してくれる仲間、皆さんの想いを背負って勝ちに行きます」と挨拶する。

 2014年11月の「K-1 WORLD GP 2014 ~-65kg初代王座決定トーナメント~」の1回戦で対戦し、ゲーオの左ハイキックで額を陥没骨折して判定負けした山崎は、「それからジムワークでもフィジカル面でもテクニック面でも、彼に勝つために全てをつぎ込んで生活してきました。想いも背負っているのでパワーアップ出来たと思うし、全てを凌駕出来るくらいの実力が出来ている」と、打倒ゲーオにこだわってこの約2年間を過ごしてきたという。

「毎大会ゲーオの試合を、ここに隙があるんじゃないか、こういうテクニックでここを突けば勝てるんじゃないかと考えながら見ていました。でもそこをしっかりカバーしてマサロ(・グランダー)やイリアス(・ブライド)に勝ってきているので、ゲーオもしっかり成長していると思う。

 研究材料(試合の映像)はたくさんあるので、その都度研究して隙を突く練習をしていかないといけない。どちらもレベルアップしていると思うが、試合を見てもらえれば分かる」と、打倒ゲーオへの執念を見せる山崎。前回の世界トーナメントにも、ゲーオ対策を練って臨んでいたという。

「もし決勝で当たったとしたら厳しい戦いにはなったと思います。僕のテーマは逆襲で、必ず勝ちに行くという気持ちでいました。勝ち上がった以上は勝てたと思いますね」と、前回のトーナメント決勝で対戦していたとしても勝っていたと自信満々だ。

 一方、王者ゲーオからは「ファンの皆さんが見たいカードならどんな相手とでも戦います。山崎選手の挑戦を受けて立つことに全く異存はありません」とのコメントが読み上げられた。

 打倒ゲーオ一本に絞ってやってきた山崎がリベンジを果たすのか、それともゲーオが絶対王者として2度目の防衛に成功するのか。

最終更新:7月11日(月)21時26分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]