ここから本文です

ウィノナ・ライダー、長編ドラマに初主演!消えた息子を探す母親に

映画.com 7月11日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース]米女優ウィノナ・ライダーが、世界最大級のオンラインストリーミングサービスNetflixオリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で、長編ドラマ初主演を果たす。7月15日の配信開始に先駆け、緊迫した表情を見せるライダーらの場面カットが公開された。

【フォトギャラリー】「ストレンジャー・シングス 未知の世界」場面カットはこちら

 ドラマは、1983年の米インディアナ州で起こった少年ウィルの失踪事件をめぐる、超常現象ミステリー。ライダーは、平和な町でこつ然と姿を消した息子を必死に探すうちに、不可解な出来事に巻き込まれていく母親を演じる。家族や地元警察とともにウィルを探す親友3人は、ウィルが消えた場所に現れた「11(イレブン)」と名乗る謎の少女を発見する。すると、イレブンの周りで奇妙な現象が起こりはじめ、政府が秘密裏に行ったある実験の存在が浮かび上がる。

 公開された場面カットには、鬼気迫る表情で息子を探すライダーや友人たち、鼻血を流すイレブンなど、謎に包まれた今作を象徴するようなシーンが収められている。

 製作陣には、M・ナイト・シャマランが製作総指揮を務めたドラマ「ウェイワード・パインズ 出口のない街」に脚本家として参加した注目の若手の双子クリエイター、マット&ロス・ダファー兄弟が参加している。

 「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、7月15日からNetflixで配信開始。

最終更新:7月11日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。