ここから本文です

「アイアンマン」最新コミックで黒人女性に

映画.com 7月11日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース]2代目アイアンマンが黒人女性になることが明らかになったと、エンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 「アイアンマン」の主人公は天才社長のトニー・スタークで、映画版ではロバート・ダウニー・Jr.が演じている。コミック「インビンシブル・アイアンマン」の最新作では、スタークがアイアンマンを卒業し、10代の黒人少女リリ・ウィリアムズが引き継ぐことになるという。

 ウィリアムズは、名門マサチューセッツ工科学科に15歳で入学した天才で、学生寮でアイアンマンスーツを自作したことで、トニー・スタークに一目置かれるようになるという設定だ。ただし、映画版がコミックの変更を反映するか否かは不明。ダウニー・Jr.は、2部作として製作される「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」までスタークを演じることになっている。

 ちなみに、マーベル・コミックスはヒーローの多様化を推し進めており、コミック版「マイティ・ソー」の主人公を女性のジェーン・フォスターに変更したばかりだ。

最終更新:7月11日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。