ここから本文です

<妻夫木聡>役作りで新宿2丁目通いつめる 同居した綾野剛は「いとしい時間でした」

まんたんウェブ 7月11日(月)14時33分配信

 俳優の妻夫木聡さんが11日、東京都内で行われた映画「怒り」(李相日監督、9月17日公開)の完成報告会に綾野剛さんと登場。妻夫木さんと綾野さんは劇中で同性愛者の恋人同士として出演しており「役作りのためにこんなにお金使ったことないくらい(新宿)2丁目に通ったり、ゲイの友達とパーティーしてみたりとか、中でも剛とは一緒に住んだりもしたので、いろんな思い出が残っています」と、徹底した役作りを明かした。

【写真特集】渡辺謙、宮崎あおい、すずら豪華キャスト勢揃い

 劇中では、妻夫木さん演じる会社員の優馬が、ゲイが集うプールパーティーで出会った綾野さん演じる直人との濡れ場や、同居生活の様子が描かれている。綾野さんと初共演という妻夫木さんは「一つの作品に向き合う中で、同じ目線でいられる人は初めてだったので、剛がいたから優馬として生きることができました。芝居というよりは映画の中で“生きる”というだけでよかった」と話した。

 一方、綾野さんは「いとしい時間でした。一筋縄ではいかなかったですが、役作りは1人でやることが多い中、妻夫木さんと同じ方向に向かって一緒に役作りができて幸せでした」と話し、「親族みたいな感じになってしまいました。テレビやCMにさとくん(妻夫木さん)が出るとつい『さとくーん』って手を降ってしまう(笑い)……」と話していた。

 また、妻夫木さんや綾野さんと同じ「東京編」で共演した高畑充希さんは「お互いがお互いのことを話している時、すごくいい顔で、すごく好きなんだろうなと思いました……。すごく苦しく幸せな気持ちになりました」と笑いながら話していた。

 会見にはほかにも渡辺謙さん、広瀬すずさん、宮崎あおいさん、森山未來さん、松山ケンイチさん、ピエール滝さんら豪華キャストと、原作者の吉田修一さん、李監督が登場した。

 「怒り」は、吉田さんが2012~13年に読売新聞で連載し、14年に中央公論新社から発売した小説が原作。東京・八王子で夫婦が惨殺され、殺害現場に血文字で「怒」という血文字が残される事件が起きるが、犯人は整形して逃亡。約1年後、千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺さん)と愛子(宮崎さん)の前に現れた田代(松山さん)、東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木さん)が出会った直人(綾野さん)、沖縄の女子高生・泉(広瀬さん)が無人島で遭遇した田中(森山さん)、という3人の“疑惑の人”を中心に、出会った人は殺人犯なのか……というストーリーが展開する。

最終更新:7月11日(月)15時41分

まんたんウェブ