ここから本文です

【オーストラリア】ターンブル首相が勝利宣言:保守連合、過半数確実に

NNA 7月11日(月)8時30分配信

 オーストラリアのターンブル首相は10日、保守連合(自由党・国民党)が、総選挙で下院(定数150)の過半数を確保する見込みとなったことを受けて勝利宣言した。保守連合の最終獲得議席は76議席に上るとみられ、支持を約束した無所属系3議員を合わせれば79議席を押さえたことになる。ただ、選挙前よりも下院議会で大きく議席を減らし、上院議会で過半数には遠いとみられることから、保守連合は公約の大幅な見直しが必要になる。
 労働党のショーテン党首は10日、ターンブル首相に対し選挙の勝利を祝う電話を掛けたと述べ、敗北宣言を行った。
 公共放送ABCは保守連合の10日17時時点(開票率79.7%)での獲得議席を74議席とした一方、労働党とそのほかについてはそれぞれ、最終的に69議席と5議席になると予測している。5議席が未確定だが、最終議席数が確定するのは、今週中とみられる。
 無所属議員で保守連合の支持にまわるのは、クイーンズランド(QLD)州のカッター議員(現職)とタスマニア(TAS)州のウィルキー議員(現職)、ビクトリア(VIC)州選出のマックゴーワン氏の3人。ただ、カッター議員は、建設労組の監督機関であるオーストラリア建設委員会(ABCC)の再導入は支持しないとしている。
 
 ■企業役員40%「再選挙を」
 
 オーストラリア企業役員協会(AICD)の調べによれば、ほぼ40%の企業役員は与党が少数政府化した場合、再選挙を望むと回答した。また役員の20%は、選挙結果が不確定なことから投資計画の策定を延期したとし、86%が企業信頼感が損なわれたと答えた。
 
 ■新上院、法人税減税否決見込み
 
 上院議会(定数75)では、保守連合の獲得議席は28議席にとどまり過半数39議席に及ばないとみられることから、議会再開後の審議で10年以内に法人税率25%への引き下げに関連した法案は否決される見込みだ。これにより税収が今後4年間に45億豪ドル(約3,426億円)拡大するが、格付け引き下げの危機を回避するには不十分だという。
 
 ■ダットン移民相が昇進か
 
 保守連合内では、議席が減った大きな要因の一つとして、一般診察医(GP)への政府補助金(メディケア・リベート)引き上げ凍結があったとして、レイ保健相が更迭されるとみられる。
 一方、ターンブル首相は、法律を改正して国家安全委員会にダットン移民相の参加を可能にし、同移民相を次世代の党指導者候補に引き上げるようだ。また同首相は党内保守派が要求する、アボット前首相の入閣を拒否している。

最終更新:7月11日(月)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。