ここから本文です

湾生の男性が里帰り 名医だった祖父の「思い出の地」訪問/台湾

中央社フォーカス台湾 7/11(月) 19:41配信

(花蓮 11日 中央社)日本統治時代の台湾で生まれたいわゆる「湾生」の日本人男性が9日、祖父が営んでいた花蓮市内の病院跡を訪れ、在りし日に思いを馳せた。

男性の祖父、羽鳥重郎さんは群馬県出身。台湾でマラリアやツツガムシ病などの研究に尽力した。定年後には台湾最初とされる小児科専門の羽鳥医院を開設し、引き揚げまで地域医療に貢献したという。

病院だった建物は現在、修復を経て地元の女性が経営する喫茶店として利用されている。生後間もなく日本に渡ったため当時の記憶は残っていないと話す男性。かつての面影を残す建物をしっかりと目に焼き付けた。

(李先鳳/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/11(月) 19:41

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。