ここから本文です

湾生の男性が里帰り 名医だった祖父の「思い出の地」訪問/台湾

中央社フォーカス台湾 7月11日(月)19時41分配信

(花蓮 11日 中央社)日本統治時代の台湾で生まれたいわゆる「湾生」の日本人男性が9日、祖父が営んでいた花蓮市内の病院跡を訪れ、在りし日に思いを馳せた。

男性の祖父、羽鳥重郎さんは群馬県出身。台湾でマラリアやツツガムシ病などの研究に尽力した。定年後には台湾最初とされる小児科専門の羽鳥医院を開設し、引き揚げまで地域医療に貢献したという。

病院だった建物は現在、修復を経て地元の女性が経営する喫茶店として利用されている。生後間もなく日本に渡ったため当時の記憶は残っていないと話す男性。かつての面影を残す建物をしっかりと目に焼き付けた。

(李先鳳/編集:齊藤啓介)

最終更新:7月11日(月)19時41分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。