ここから本文です

【K-1】日本人ヘビー級頂上決戦、上原vsKOICHI決定

イーファイト 7月11日(月)23時34分配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-60kg世界最強決定トーナメント~』の記者会見が、7月11日(月)都内にて行われた。

【フォト】余裕を見せる上原に対し、緊張感ある表情のKOICHI

 K-1ヘビー級の日本人エースと目されている上原誠(士魂村上塾)と、日本人ヘビー級として世界の選手と戦ってきたKOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)の初対決が決定。

 KOICHIは30勝(16KO)9敗1分の戦績を持ち、これまで初代M-1ヘビー級王座、初代WPMF日本ヘビー級王座を獲得。天田ヒロミ、羅王丸、野地竜太といった国内ヘビー級ファイターに勝利し、あのジェロム・レ・バンナとも2度対戦している。

 日本人ヘビー級は数が少ないため、1年半前から普段は一緒に練習している間柄だという両者。上原は「戦うのは変な感じですが、しっかりKOしたいと思っています」、KOICHIは「試合は試合なので、日本で一番強い上原選手と対戦が決まってワクワクしています」と、割り切っているようだ。

 上原はKOICHIを「全体的に強いがスタミナが一番ある。僕もスタミナを付けて倒したいと思います」と評すれば、KOICHIは上原を「上原選手の強みはパワー。逆に言えばパワー以外の部分では自分が優っている」と評する。

 手の内を知り尽くしているやり辛い相手ではとの質問には、「僕は2~3個、普段は使わない技があります。いつかは戦うんじゃないかという気持ちがあった」と上原は隠していた技があったと言うと、KOICHIも「自分も使っていない技がある」と言い、お互いに練習しながら「自分の方が強いと思っていた」という。

 最後に、KOICHIは「ヘビー級を盛り上げたいと思うので殺すつもりでいきたい」と言い放ち、上原は「仲間が仲間を倒すところを見てもらいたい」と、非情な戦いをすることを約束した。

最終更新:7月11日(月)23時34分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]