ここから本文です

韓国大統領府、THAAD配置決定は「国民を守るための自衛的防御措置」と強調

WoW!Korea 7月11日(月)10時24分配信

韓国の青瓦台(大統領府)は11日、高高度ミサイル防衛システムであるTHAADの駐韓米軍配置決定による中国などの周辺国の反発に対し、「THAAD配置は国家安危と国民の生命、財産を守るための自衛的防衛措置だ」と述べた。

 青瓦台のチョン・ヨングク報道官はこの日午前、「中国などの反発で北朝鮮の核問題が難しくなった」という指摘についてこのように答えた。

 続けて「THAADが防衛可能な地域に首都圏が含まれていなかった。我々国民を保護するというのは合っているのか」という質問に「我々国民の生命と財産を守るための自衛的防衛措置」と重ねて強調した。

 チョン報道官はまた北朝鮮がこの日午前、THAAD配置地域が確定したその時刻から物理的な対応措置を取ると公式に反応したことと関連し、候補地を中心に南南分裂が懸念されるという指摘に「北朝鮮の反応については合同参謀本部から話がある。THAADに関しては国防部でお答えする事案だと思う」と述べた。

 しかし「自衛的な防衛措置だという点をもう一度強調する」と付け加えた。

最終更新:7月11日(月)10時24分

WoW!Korea