ここから本文です

ジョニー・グリーンウッド『Junun』のドキュメンタリー映像が劇場で上映

CDジャーナル 7月11日(月)17時35分配信

 先月、約5年ぶりとなるニュー・アルバム『ア・ムーン・シェイプト・プール』の日本盤がリリースされ、〈SUMMER SONIC 2016〉での来日にも期待の高まるレディオヘッド。そのメンバーである、ジョニー・グリーンウッド(Jonny Greenwood)が行なったインドでのレコーディングの模様を、ポール・トーマス・アンダーソン監督が記録したドキュメンタリー映像『Junun(ジュヌン)』が東京・目黒シネマにて8月6日(土)~12日(金)の期間限定で上映されます。

 この映像は、昨年リリースされたアルバム『Junun』のレコーディングを追ったもので、ポール・トーマス・アンダーソン監督にとっては映画音楽のパートナーでもあるジョニー・グリーンウッドが、イスラエルの音楽家シャイ・ベン・ツールやインドのミュージシャンたちと共に音源を制作する姿を記録しています(Jununのライヴの様子は「CROSSBEAT Presents レディオヘッド&サマーソニック2016」でも紹介)。また今回の劇場上映では、同監督によるレディオヘッドの最新ミュージック・ビデオ「Daydreaming」と、グリーンウッドが音楽を担当した同監督の最新作『Inherent Vice』も同時に上映され、会場では『Junun』のライヴ写真や、グリーンウッドの直筆メッセージ、監督からのコメントなどが展示されます。

最終更新:7月11日(月)17時45分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。