ここから本文です

ザ・ピーナッツの妹・伊藤ユミさん死去 75歳 『モスラ』小美人役も

シネマトゥデイ 7月11日(月)15時17分配信

 「恋のバカンス」「恋のフーガ」などで知られる女性デュオ、ザ・ピーナッツの伊藤ユミさんが、5月18日に亡くなっていたことが明らかになった。11日に所属事務所が発表。75歳だった。葬儀告別式、四十九日の法要は近親者のみで執り行われた。

 伊藤ユミさんは、1941年4月1日生まれで愛知県常滑市出身。姉・伊藤エミさんと共に、1959年2月に「第2回 日劇コーラスパレード」で歌手デビューし、同年4月「可愛い花」でレコードデビューを果たした。

 「情熱の花」「コーヒー・ルンバ」「乙女の祈り」など大ヒット曲を連発し国民的な人気を獲得。昭和の歌謡史に大きな足跡を残した。1961年公開の怪獣映画『モスラ』では、双子の妖精、小美人役で出演し、挿入歌となる「モスラの歌」などを歌った。

 1975年に芸能界を引退。エミさんは2012年に亡くなっている。(編集部・入倉功一)

最終更新:7月11日(月)15時17分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。