ここから本文です

23歳のレアルMF、心臓の問題発覚で現役引退

ISM 7月11日(月)10時44分配信

 レアル・マドリー(スペイン)のブラジル人MFルーカス・シウヴァが、23歳の若さで現役を引退することになったようだ。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)、伊サイト『calciomercato.com』など複数メディアが現地時間10日に伝えている。

 報道によれば、L・シウヴァはスポルティング(ポルトガル)への移籍が確実となっていたが、移籍に向けたメディカルチェックで心臓の問題が発覚した様子。このため、移籍は破談となったようだ。

 同選手はこれを受け、画像・動画共有アプリのインスタグラム上で「僕はしっかりと戦った。キャリアを終えたよ。信念を貫いた」と、若くしてスパイクを脱ぐことになったと明かしている。

最終更新:7月11日(月)10時44分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。