ここから本文です

ヤクルト・山田、球団最年少、通算100号 

デイリースポーツ 7月11日(月)7時0分配信

 「ヤクルト8-3中日」(10日、神宮球場)

 ヤクルト・山田がまた一つの金字塔を打ち立てた。森野の3ランで3点差に迫られた直後の七回無死一塁。岡田の1ボールからの2球目、137キロシュートを左中間席にぶち込んだ。

 6試合ぶりとなる今季29号2ランは、プロ野球史上277人目となる通算100本塁打。23歳11カ月での達成は、『ブンブン丸』の愛称で知られた池山隆寛(現楽天打撃コーチ)の24歳7カ月を抜く球団最年少記録だ。山田応援イベントが行われた中で「たくさんの方に応援してもらって気持ち良かった。素直にうれしい」と記念弾で応えた。

 100本塁打のうち山田自身が挙げたベストアーチは、2014年10月6日・DeNA戦(神宮)で、3打席連続安打の最後に日本人右打者シーズン最多記録を決めた逆転満塁弾。「ドラマみたいで、自分でも持ってるなと思った」。ドラマにしても出来過ぎてる男の、快進撃は止まらない。

最終更新:7月11日(月)7時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。