ここから本文です

23日開幕の相馬野馬追 小高郷騎馬会が出陣式

福島民報 7月11日(月)10時28分配信

 23日に開幕する国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」を前に小高郷騎馬会は10日、福島県南相馬市のウエディングパーク原町フローラで出陣式を行った。12日には小高区などの居住制限、避難指示解除準備両区域の解除を迎える。会員は復興を全国に発信しようと気勢を上げた。
 約60人が出席した。螺役(かいやく)が相馬小高神社の方角に向かって礼螺(れいがい)を吹いた後、同神社の相馬胤道(たねみち)宮司と佐藤邦夫騎馬会長が役付ごとに供奉(ぐぶ)章と肩章を手渡した。佐藤会長が「12日に避難指示の解除を迎える。小高郷武士ここにあり、という姿を見せてほしい」と述べた。相馬宮司、梅田利彦侍大将があいさつし、松本充弘副軍師が訓示した。
 相馬野馬追執行委員長の桜井勝延市長が「復興を全国に発信しよう」と呼び掛けた。中島三喜軍師らが祝辞を述べた。

福島民報社

最終更新:7月11日(月)12時36分

福島民報